> >
Category:食事
食べてるりす2

【子供がご飯を食べない】 自然に食べるのが早くなる方法

2014年2月14日 Category:食事
食べてるりす
うちの長女ちゃんは食が細い。
何とか食べさせようと色々対策を練って効果があったこれ!をご紹介。のまき。

離乳食が完了した辺りから怪しくなっていく長女ちゃん
離乳食期はそこまで気にならなかった「食べる事」
気に入ったものはパクパク食べていた。
のだが、普通の食事に移行して以来、段々と食べるのが下手になる、というか、遅くなる。
2歳頃は食べ終わるタイミングが分からず、2/3程食べた所でグズグズ泣き出してしまっていた。
そんなこんなで『食事』に少し苦手意識もあり、ご飯にあまり興味がなかったり、食べてる途中で疲れてきたり、ぼーっとしてたり。
色々理由が積み上がり、一向に食べるご飯の量が増えない!
おやつは大好きなんですよ! 甘いおかずも別腹!
一番効いたのは時計
数字はまだ読めないけれど、
「長い針がここに来るまでに食べ終わろうね。」
と食べる時間の目安を教えた所、初めはゲーム感覚もあってか、すんなり食べられるようになった。
やり方
100円ショップでシンプルな時計を買ってきて、電池は入れずに針をクリクリ。
「はい、長い針がこの形になったらごちそうさましようね。」
分かりやすい見本が目の前にあり、壁の時計もチェックしながら食べる。
今は慣れ、数字も読めるので手元の時計はいらず、
壁掛け時計を指さして、
「じゃあ、長い針が6のとこに来たらごちそうさまね。」
で通じる。

食べる時間は20分。始めの頃や、ちょっと楽しい雰囲気の時は30分とっていた。

気をつける事が限られて、食事に集中しやすくなったみたい。そうすると量も食べられるようになってきた。
今も、たまに咀嚼を忘れてぽーっとしている時はあるけど
「はいっ。パクパク。モグモグ!」と声がけすれば戻ってきます。
また、色々おかずがあると食べにくいんだろう。と、
4歳まで長女ちゃんはご飯の上におかずを乗せてオール丼ぶりにしていた。5歳になって、食べ方も教えなくては……と
「お茶碗と、おかずで食べようね。」と移行していった。
見た目に楽しいご飯にも罠が
食べて欲しい。と思って可愛い、楽しい感じのご飯にすると
益々『食べること』以外に気がいって、食べが遅くなる悲しい長女ちゃん。
下手すると可愛い部分を無くすのが勿体ない~とか、もっと面倒な事に……。
我が家はパーティー等、特別な時以外は下手な演出は止めました。
もうすぐ6歳の今も、食事の前に
「時計の針がここに来るまでに食べ終わろうね。」と声がけはしますが、大概20分以内で食べ終わり、
「わたしは好き嫌いないんだよ!」(←本当?)と食事への苦手感情もどっかにいったようですよ。
そして、家でも遅いんだから、保育所でもやってるでしょ。保育所での対策で私が先生にお願いした話は次号へ!⇒
【食べるのが遅い・保育所へお願いした事

HOT!

サイト内検索

これを書いてる人

IKUKO OOIRI
  • IKUKO OOIRI
    30代 B型 天秤座
    夫婦で自宅開業
    Webクリエイター。

    ちょい田舎で、旦那、長男8歳、長女6歳、次男3歳と5人暮らししています。せっかく3人も育ててるし、今までや現在の困ったこと、はたまたこれは良かった! な事を書いています。

Mail

  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    タイトル

    メッセージ本文

    画像に表示された文字と数字を入力して下さい。
    captcha